トップ 注文方法・送料 特定商取引法に基づく表示 リンク 当店の紹介 買い物カゴを見る お米の雑学 加茂市の紹介
■ カテゴリ
お米
魚沼産コシヒカリ
新潟産コシヒカリ
天水田コシヒカリ
新潟産こしいぶき
無洗米
もち米


【送料無料】お試しパック
新潟産コシヒカリ2kg
無洗米コシヒカリ2kg
新潟米よりどり食べ比べセット


ご贈答用に
プリントパック
 記念に残るあなただけの米袋を
 お作りします!


雑穀・麦

胚芽押麦
ビタバレー麦ちゃん
十六穀ごはん
発芽玄米と八穀ごはん


ごはんのおかず
ふき味噌
ねぎ味噌
青唐がらし味噌
野沢菜の油炒
釜飯ごはんの素


米屋の乾麺・ラーメン
豊熟麺そうめん
豊熟麺ひやむぎ
初釜うどん
霧しなそば
生粋麺太らーめん

新潟のお餅
こがねもちパック
十穀もち
えびもち
草もち
黄金もちギフトシリーズ
  ├ 黄金もちギフトK-1
  ├ 黄金もちギフトK-5
  ├
魚沼産こがねもちギフトK-16
  ├
魚沼産こがねもち詰合せ
     ギフトK-38

  └ お米屋さんが選んだ

    
お餅セットK-33

加茂特産かも汁シリーズ
かも汁缶
こがね汁缶
いなか汁缶
のっぺい汁缶


味噌・醤油・ソース
良寛むらさき醤油
良寛ひしお醤油
越後袖ふり味噌
天然ミネラル塩マナ・ソルト

お米の雑学
 ここでは、お米や食についての知っていると「ちょっと役に立つ話」を紹介しております。本当に皆さんにとって役に立つ話かわかりませんが、興味がありましたらお付き合いください。
1.お米の保存方法と炊き方
2.無洗米って何?
3.朝ごはんの効用 −朝ごはんは元気とやる気のもと!−
1.お米の保存方法と炊き方
1.新鮮なお米を選ぶ
 お米は玄米を精米した直後から品質の劣化が始まります。そのために、どんなおいしいお米でも新鮮でないと食味が劣化しておいしくなくなります。当店では、新鮮なお米をお客様にお届けする事をモットーに、毎日精米しております。また、より長く精米直後の新鮮さを保つために、真空包装での発送も致しております。

2.保存方法
 お米は生ものです、出来るだけ日が当たらなく、涼しい、湿気のない所に保存するとよいでしょう。また、前項でもあるように精米後から品質が劣化し続けますので、できるだけまとめ買いは行わない方が良いと思います。一回に買う量の目安としては、夏場であれば15日くらいで食べきれる量、冬場であれば1ヶ月くらいで食べきれる量が適量と思います。

3.お米の炊き方
(1)お米を研ぐ
 最初はたっぷりの水を加え、軽くかき回し、すぐ水を捨てます。その後、水を加え、軽く押すように研ぎ、これを4〜5回くり返します。
(2)水に浸す
 炊く前に約1時間ほど水に浸し、お米の芯まで十分水を吸収させます。そうする事によって、熱が伝わりやすくなり、柔らかくふっくらと炊き上げる事ができます。また、古米なども吸水時間を長くすればおいしく炊く事ができます。
※水に浸す時間は、季節・水温によって異なります。冬は2時間くらい浸すと良いでしょう。また、急ぐ時は、40〜50℃のぬるま湯に15〜20分くらい浸してから炊くと良いでしょう。
(3)お米を炊く
 最近の炊飯器は性能が良くなっているので、炊飯時間は機械に任せておいて構わないと思います。ただ、気をつけて頂きたい点が、炊く量です。炊飯器の容量に対して多すぎても、少なすぎてもいけません。適量としては、炊飯器の容量に対して8割くらいが一番良いと思います。なので、炊飯器を選ばれる時は、いつも炊く量が8割くらいになるものを選ぶと良いでしょう。
2.無洗米って何?
無洗米とは?
 無洗米とは、その名の通り洗わずに炊けるお米のことです。画期的新技術によって、従来の精米技術では不可能とされた「お米の持っているうまみ成分を残し、研がずに炊ける」お米です。今までの「とがなくてよいお米」より、白く・美味しく・栄養価の高いお米になりました。
■「洗わない」から、こんな場面で大活躍
 ・なにかと忙しい朝に
 ・ムダな手間を省きたい夕方に
 ・冷たい水を使いたくない冬に
■「洗わない」から、こんなにお得
 ・水道代がお得
  4人家族で一日5合を1回炊飯すると、約10リットルの水を使用します。
■「洗わない」から、地球にやさしい
 ・海や川を汚染する一因と言われる研ぎ汁を完全にシャットアウト、今日からあなたも環境保護に協力できます。
■「洗わない」のに美味しさ長持ち
 ・ジャーで長時間保存しても変色したり、臭いがつきにくく、美味しく食べられます。
4.朝ごはんの効用 −朝ごはんは元気とやる気のもと!−
ごはんはどんなおかずでも良く合います。朝食も、ごはんが主食なら栄養のバランスが摂りやすく、その他たくさんの効果が期待できます。

●朝ごはんは脳の働きを活発にします
 脳の重さは体重のたった2%、でも消費エネルギーは全体の約18%も占めます。そのエネルギー源は血糖。ごはんの主成分のデンプンは、ブドウ糖となって吸収され、すぐに血糖を上昇させるので、脳のエンジンアップに最適です。朝ごはんに、湯気の立つごはんと味噌汁を食べれば、体温も一気に上昇。脳はいっそう活発に働きだします。

●栄養のバランスのとれた朝ごはんで午前中のスタミナ補給
 一日の仕事のスタートダッシュに欠かせないのが、即効性のエネルギー源”血糖”。それを補給するのが、デンプン質食品の「ごはん」。ごはんにたんぱく質と脂質が豊富な卵や魚などの主菜、ビタミン・ミネラル源の野菜がメインの福菜と、野菜たっぷりの汁物を食べ合わせれば、朝の栄養補給は万全です。

●ごはんはダイエットに効果的!
 朝ごはんを抜くと、おやつなど間食をとりすぎたり、昼食や夕食をドカ食いしがちです。空腹によるイライラが食欲を異常に高めます。また、朝食抜きは筋肉の減少とエネルギー分解力を弱めて基礎代謝を低下させます。その結果、一日中体温生産の悪い体になって太りやすい体質を招いてしまいます。
 また、ごはんは低脂肪料理に合うこと、そして、ごはんは粒食なので、血糖とインスリンの上昇が緩やかで、体脂肪がつきにくくなつなど、ごはんには多くのダイエット効果が備わっています。
1.お米の保存方法と炊き方
2.無洗米って何?
3.朝ごはんの効用 −朝ごはんは元気とやる気のもと!−
Copyright 2003-2006 Annaka-kometen All Rights.Reserved.